fc2ブログ
2013年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.07.27 (Sat)

小説題名未定

1.

「ユノヒョン!ユノヒョン!他の兄さんたちの荷物がないよ!ねぇヒョン!聞いてるの?」

チャンミンは窓際のソファーに座り、ヘッドホンをして、音楽を聴いているユノに向かって叫んだ。

じっとイッテンを見つめながら、音楽を聴いているユノはチャンミンの叫び声に反応しなかった。

「ユノヒョン!」チャンミンはユノのヘッドホンを強引に外した。

ユノはチャンミンの方は見ずに

「おまえもあいつらと行きたきゃ行けよ」 小さな声でそう言った。

「ユノヒョン!本気で言ってるの?何回も何回も話し合ったじゃない!僕の気持ちだって

言っただろ!」

チャンミンはユノの肩をつかみ、自分の方に向けようと力を入れた。

ユノはその手を振り払い

「誰の言う事も信用できるか!!!!」

そう叫ぶと立ち上がった。

ベランダから暖かく差し込む光がユノの目元で反射した。

そして、昨日まではユノとユチョン二人の寝室だった部屋に入り、鍵をかけた。

「ユノヒョン!ヒョン!ヒョン!」ドアを叩き、開けようとノブをガチャガチャと回すが

部屋の中からは大音量のロックが響きわたっているだけだった。

「なんだよ…ユノヒョン…今さらそんな事言うのかよ…

辛いのは自分だけだと思ってるのかよ…」

チャンミンは深いため息をつき、さっきまでユノが座っていた場所に身をゆだねた。

なんでこんな事になったんだろ… 今まで5人で積み上げてきたものは

いったい何だったんだろう?

ユノが聞いていた曲を聞いてみようとヘッドホンを耳につけるが

何の音も聞こえてこない。

「ユノヒョン…」チャンミンは音の出ないヘッドホンを耳につけ、じっと外を見つめていたユノを想い

そっとヘッドホンを外した。

ユノの部屋からはずっとロックが流れている。


まるで、ユノの泣き叫ぶ声のようで、いたたまれなくなりチャンミンは自分の部屋に入った。


ユノはユチョンのベッドに横になっていた。

最初に逢った時は可愛くて… ジュンスとジェジュンは練習生の時から知ってたけど

ユチョンはアメリカから来て、不安気でいつも俺がかばってやって、守ってやって…

いつもヒョン!ヒョン!って何でも言う事聞いて、いつもそばにいたのに…

ユノの頬に一筋の涙がこぼれた。

ジュンスだって、ジェジュンだって…  家族だったんじゃないのかよ!!

かけがいのない仲間だって、言ってただろ?あれは嘘だったのか??

教えてくれよ!なぁ!

みんなみんな嘘だったのかよ!!!


俺ら5人で頑張ってきたんじゃないか!?

日本行って、知らない土地で、通じない言葉で

みんなで支え合って乗り越えてきたじゃないか!

なのに、何で今になって!!

なんで!なんで!なんでなんだよ!!

ちくしょー!!

ユノは音楽のボリュームを最大にあげて、声を限りに叫んだ。

わぁーーーーーーーーー


チャンミンはベッドに腰をかけ、考えた。

やっとここまでこれたのに、これからなのにやっと蕾になったのに。

でも僕は間違っていない。絶対に。

ジェジュン兄さんたちにはついていかない。

ユノヒョンだって、そう言ったじゃないか。

俺は東方神起を守る。って

事務所は辞めない。って。

だから僕だって、僕だって…

辞める理由なんか何もないし、僕は今のままで満足してるんだ。

そりゃ忙しすぎて、倒れるかと思う事もあるけど

でも自分で決めた道だから、絶対に途中で変えたりしない!

何があっても曲げない。

自分の信じた道を進むんだ。

そう決めたのに。

それがユノヒョンと同じだったから、二人は残ろうって決めたじゃないか。

なのに、ユノヒョン

あんな事言うなんて…

あんまりだよ。 ユノヒョンについて行くって決めたのに…



 どれくらいの時間が過ぎたのだろう、暖かい日差しが差し込んでいた部屋は

街のギラギラしたネオンでチカチカと照らされていた。

先にユノが部屋から出てきた。

ユノはすぐにチャンミンの部屋に向かい、トントンとノックした。


「チャンミナ… さっきはすまなかった。 飯食いに行こう」


その言葉をずっと、静かに待っていたかのように

チャンミンはドアをすぐに開けた。

「うん」


つづく







本日自治会のお祭りで疲れているというのに、明日もまだ焼きそばやかなきゃいけないのに…


なぜか小説始まりました(笑)


最近の二人の絆を見ていると、どうしてもこれ書かなきゃいけないような気がして


ってすべてを知っているわけでも本人の気持ち聞いたわけでもないのですが(笑)


とにかく、私の妄想ですが書いてみたいと思います。




スポンサーサイト



12:53  |  東方神起  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |