fc2ブログ
2014年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.09.26 (Fri)

絆 番外編2

番外編2





「チャンミナ…   ごめん…    久しぶりだったから



…なんか余裕なくて…



チャンミナ…


感じた?


…気持ち良かった?…」



うつぶせになり、顔だけはユノの方を向いているが、ハァハァと荒い息を吐きながら

目を閉じているチャンミンの髪を、ユノはそっと撫でた。


ゆっくりと瞼を開け、





「ユノヒョン…    全然よくなかったから、もう1回…   」と真面目な顔でチャンミンが答えると

ユノは驚いて

「え!?チャンミナ…  ごめん…   焦り過ぎたよな…

ごめん…  どうしよ…  時間ないし…   」しどろもどろに答えながら

オロオロした。

その様子を見て、チャンミンはプット吹き出し

「ユノヒョン…冗談だよ…帰ってほしくないから、言っただけだよ。



ちゃんと感じたし、ヒョンと一緒にいったじゃない。…それもわからなかった?」

真っ赤な顔をして、ユノをギュッと抱きしめた。

「ねぇーユノヒョン…一人旅もギュとの旅行もそれはそれですごく楽しかったんだけど

やっぱり、思い出すのはユノヒョンの事で…


ここにユノヒョンいたら、何て言うだろうなぁ   とか

これ食べたら、きっと気に入っただろうなぁ   とか

この景色二人で見たかったなぁ   とか」

抱き合いながらユノの耳元で少し寂しげに言うチャンミンに

「チャンドラ~そんな事いうなよー。

おまえどうしても行きたい!って言って一人で行ったんだから!

ほんとは俺だって一緒に行きたかったのにさ!」


「…うん…そうだね…  ごめん…ユノヒョン…

今度は一緒に行こう」

「それより、チャンドラ…イタリアの帰り、シウォンと同じ飛行機で帰って来たって?

おまえ、大丈夫だったかー?

言い寄られたり、しなかっただろうな!?」


「…  ちょっとやばかったけど、ま結果的には大丈夫だったよ」

「何だよ!それ!どうやばかったんだよ!!

”手を握られた事は言わない方がいいよな…”

「帰りヒョンの車で送ってもらったんだけど…

飲みに行こう!ってしつこく誘われたから、ギュにも来てもらったんだよ…」

チラッとユノの顔を盗み見ると、表情が一変したのがわかり、思わず目を逸らした。

「あいつは!!ほんとあいつは昔から俺の持ってるもんを欲しがるんだよ!!

何なんだよ!まったく!

チャンミナ!気をつけろよ!絶対二人きりになったりするなよ!

今度飯誘われても、ユノヒョンに怒られるから!ってはっきり断れよ!わかった!?」

ユノはチャンミンの両肩を掴んで怒った。

「…わかったよ…ユノヒョン…これからはそうする」

”シウォ二ヒョンはほんとまじやばい雰囲気醸し出してるもんな…気をつけよ…”

「まったくーーー!!」ユノはイライラとした様子でベッドから出て、帰り支度を始めた。


「もう行くの?ユノヒョン…  寝れなかったね…  ごめん …  大丈夫?」

ベッドに腰をかけて、こちらを見るチャンミンに近づき

「チャンドラが謝らなくていいじゃん。

俺が逢いたくて来て、俺が抱きたくて抱いたんだから。

おまえは何も悪くないよ」

チャンミンの髪をくしゃくしゃと撫で、頬をつねった。

チャンミンはユノの腰に手を回し

「ユノヒョン…来てくれて嬉しかった。

ありがと」

キラキラと輝く瞳でユノを見上げた。


「…  もうすぐ、日本で一緒にいれるから」

「そうだね、少しの辛抱だね。  …なんか…ソンミニヒョンの彼女が羨ましいな… 」

「え?何?それどういう意味?」






つづく





何なの!?チャンミナ!!何が羨ましいのよ~~~~

ユノにこんなに愛されてるっていうのに!!!


続きは来週。

来週末はやっとやっとSMT!!!

またまた今年も娘と二人でおのぼりさんツアーです(笑)

ここだけの話

娘ちゃん SJもEXOもファンクラブ入ってます。もちろんトンもね。

超お得ですよね。SMTライブ。

私も今年はEXOのレイ君観るのが、少し楽しみです。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



にほんブログ村 主婦日記ブログ 戦う主婦へ
にほんブログ村


クリックで救える命がある。
スポンサーサイト



21:15  |  絆 番外編  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT