2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.07 (Fri)

友人

オフ会の連絡事項が前記事にありますので、

参加希望の方 見逃さないでね~


昨日書いた記事の友人ですが


まるで、私ばかりがいつも聞き役で慰めているように

書いてしまいましたが

彼女には前々から

いつも助けてもらっています。


息子が高校2年の時に

高熱が下がらなくて

薬も点滴も全く効かなくて、入院しました。


JRの電車脱線事故の日です。


入院しているのに、高熱のせいなのか薬のせいなのかはわかりませんが

息子はひきつけて、痙攣おこしてしまいました。

そのまま意識不明、意識混濁。

わたしはパニックです。

今まで普通に話してたのに

急に意識なくなって


何時間かして、パッと起き上がって何か叫びました。


奇声です。

あきらかに違います。

私涙しか出なくて。

震えて、怖くて、どうしたらいいか分からなくて。

トイレに入って 大声で泣き叫びました。

助けてください!

私の息子。どうかお願い。

私の可愛い大事な息子を元の姿に戻して!!!!って泣きながら叫びました。

病室に戻るのが怖くて。

おかしくなってる、息子の姿見るのが辛くて。

そんな時に 友人が来てくれて、

一緒に泣いて、私を抱きしめてくれました。

大丈夫!絶対に大丈夫だから!って言って。


どんなに心強かった事でしょう。

どんなに嬉しかったでしょう。

今でも思い出すたび、涙が出ます。


その病院では手に負えませんと言われ、救急車で大学病院に搬送され

その車中でも息子は暴れていました。

泣きながら旦那と二人で押さえていましたっけ。

そして、大学病院の先生に5分5分です。と言われて

私は気を失いました。

気が付くとわたしがベットで点滴をうけて、息子は違う部屋に連れて行かれていました。


何かの菌が脳に入って髄膜炎を起こしている。 という診断でした。

でも、何の菌かが調べてもよくわからず、対処のしようがない…と。


何日暴れていたでしょうか?

何日私は泣き続けていたでしょうか?

医者にお母さんは家に帰れ!と怒られるまで、泣いていました。

ほんとにあんなに辛い何日間かはありませんでした。

でも、奇跡が起こったのです。

不思議な事なんですが、その時は生きていたじいちゃん。

息子が熱出し始めた頃に親戚の家に遊びに行ったんです。前からの予定だったし。

じいちゃん、そこですごい下痢になったそうで、

もっとゆっくりするはずが

そんな事で早くに帰ってきたんです。

それを病室で聞いた私は なぜか ス~~っと何かが落ちるような

ほんとに何かが消えるような、不思議な感覚になって

あ、これで息子の意識が戻るわ。 って思って

そしたら、ほんとにその何時間後かに

息子が「腹減った」って言ったの。

又思い出して泣けてきた。

どんな気持ちかは書かなくても分かっていただけると思います。


嫌な嫌なうるさくて、うざいじいちゃんだったけど、この事に関してだけは

ほんとに感謝してるし(別にじいちゃん何もしてないんだけどね)

今でもきっと息子の背中にはじいちゃんがのって守っていてくれると

信じています。

で、友人の話に戻りますが

入院中結局3ヶ月は入院してたかな。は何度も来てくれて、励ましてくれて。

ほんとに精神的に助けてもらいました。

ばあちゃんの事でもそうです。

去年もおととしも夏になると

普通では考えられないような酷い事言われて、

友人にメールしたら、飛んで来てくれて、

またギュッと抱きしめてくれました。

可愛そうに。そんな酷い事言われて。

可愛そうに。って背中撫でてくれました。

嬉しかった。ほんとに助かった。

彼女がいなかったら、もしかしたら、実家に帰っていたかもしれません。

だから、いつもお互いに嫌な事あったら

ほとんど愚痴ってます。

旦那の事も、姉の事も全部。

彼女の旦那はすごくワンマンで気が短くて、喧嘩早いから、その事でも苦労してて

だから、たまってくると、ランチしよ!ってお互いに誘い合うの。

そんな友人が傍にいて、ほんとに良かった。とこれ書いてつくづく感じています。

ただ、東方神起の事だけは けなすので、ちょっとそこは寂しいです

私がいい人では全くありませんので、あしからず

昨日のクイズの正解はまだ書かれてないかたもおられるので、

又明日。

なので、今日のクイズもお休みです。

あんまり続けて書くと、ネタがすぐになくなるものね


あ、息子は後遺症も全くなく、ほんとに完璧に元気になりました。

ご心配なく

では今日はこのへんで。

ポチよろしくね
関連記事
スポンサーサイト
23:54  |  その他  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

アミ子さん。息子さん、大変でしたね。JRの脱線事故の映像は
今でも忘れません。あの日にアミ子さんが、こんなにも辛い思いを
していたんですね!母親。子供にとって、本当に有り難い存在
ですね!何時も明るく、逞しく。苦労の種はお義母さんだけ?
かしら、と思っていた貴女に、この様な辛い日々が有ったとは
息子さんも全快されて本当に良かったですね!!

チャミ子シリーズ。見てますよ!
たつこ |  2012.09.08(Sat) 10:50 |  URL |  【コメント編集】

★No title

そういうことがあると、ほんとに生きて普通の日々を過ごしていてくれてるってことだけで感謝‼ですよね
昔、頭にケガして血を流してる息子を見た時、動揺して頭が真っ白になってしまったことを思い出しました。
そしていつもそばにいてくれる大事なご友人。お互いに励ましあいながら・・・うらやましいです。

ウチの息子は幼少期はひょっとして障害児って思われるほど、言葉も遅かったし、どこにも馴染めずいつもひとりぼっちで、突然考えられないことして周囲を驚かしたりして手のかかる子供でした。(実際障害児枠で保育園行ってました)保健センターにも通ってました。小学校高学年になって初めてお友達ができたのですけど。
結局、人よりも時間がかかってゆっくりなだけってことで認定されず、今は普通に生活しています。

兄の子、甥っ子は知的障害者です。出産の時トラブルがあって、おそらくそのせいで脳に影響があったのではと思われます。
でもその子はとっても明るい子で、みんなに笑顔でいつも挨拶するので近所や学校(卒業したけど)では評判の良い子です。

どんな風に生まれようとひとつひとつ大事な命、与えてくれて感謝です。何かしらの役割があって生まれてきた、いや私に何の役割があるんだろう?ユノを応援すること~❤???
なお |  2012.09.08(Sat) 12:30 |  URL |  【コメント編集】

★No title

息子さん頑張りましたね。
お母さんや心配している皆のために
戦い抜いて戻って来たんですね。
読んでいて泣いちゃいました
子供は宝ですものね。
amiさん辛かったでしょうね
こんなに大変な事があったなんて・・・・
「腹へった」でまた泣いてしまいました。
本当によかった。
元気になって
子供が元気に笑ってくれている
親にとって一番の幸せですよね。

mama |  2012.09.08(Sat) 20:29 |  URL |  【コメント編集】

★たつこさんへ

あの事故の映像が流れると思い出してしまって、心臓がドキドキするんです。
でも全快したおかげで、ユノにものめり込めるし
今は幸せです。
子供が健康。これが一番ですね。
たつこさん、チャミ子シリーズいつも見てくれてありがとうございます。
実は私も毎日 チャミ子の休日 見てるんです。
可愛くてたまりません。
amiyuno |  2012.09.08(Sat) 22:21 |  URL |  【コメント編集】

★なおさんへ

ほんとにね、子供の健康が一番ですよね。
いろんな役割を持って、生まれてくるんですね。
私の役割???
とりあえず、笑う。v-8
amiyuno |  2012.09.08(Sat) 22:37 |  URL |  【コメント編集】

★mamaさんへ

ありがとうございます。
ほんとに戻ってきてくれて良かったです。
あの時は夫婦二人で障害が残るかもしれない…って覚悟していたんです。
でも、全くなんの障害も残らずに。
ほんとにありがたかったです。

腹減った  って聞いておお泣きでした。
その後、入院中遠足行くみたいに毎日お弁当作って
病院の食事以外にお弁当食べさせてたら、3Kgくらい太ってました(笑)
amiyuno |  2012.09.08(Sat) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

★No title

あみさん(T_T)
泣いて涙が止まりません(T_T)
高熱の怖さを改めて感じました・・・
息子さんの勤務地での家族団らんしか知らない私
すくすくと育っていたとばかり思っていましたが
あみさんの数々のご苦労を感じました。

でも今は障害も残らず元気に社会人になられて
よかったですね。
3kg太った息子さん❤母の愛ですね(#^.^#)

kyunho |  2012.09.09(Sun) 11:54 |  URL |  【コメント編集】

★kyunhoさんへ

きゅんちゃん・・・泣いてくれるのね
ありがとう。
高熱が全然下がらなくてね。
怖かったよv-406
入院するまでに2,3週間はあったような気がする。
だから、長いこと熱があって可哀想だったv-356
口内炎とかも出来るし、食欲はなくなるし
ずっと、野球で鍛えてたのに
寝込んでいる姿は見ていられなかった。
でも、ほんとに何の障害も残らずに
奇跡です。
その後すぐに高校の修学旅行の北海道も行けたしね。
人生って何があるか分からないよ~~~。
今日は元気でも明日はどうなるか…
amiyuno |  2012.09.09(Sun) 20:58 |  URL |  【コメント編集】

★こんばんは♪

涙があふれ出て、なかなか先に進まなかった(^^ゞ
どこの母でも、どんな母でも、同じ母なら誰もが気持ち分りますね、きっと。
あ、父もね。

何かの菌が身体のどこかに入って、って話、結構聞きますよ。
私の叔父も、風邪の菌が弱っていた身体のどこだかに入り込んで、亡くなりました、20年も前の話ですけど。
息子さん、奇跡ですね!
本当に良かったです。
家族の愛ですね、きっと(^◇^)

次女が小学生のときに交通事故にあって、頭を打ったのでMRIを撮る事になって。
そばにいたのは私だけだったので、結果が出るまでそれこそテレビドラマの様に、イスに座ってずっと手を合わせていました。
生きた心地がしなかった(^^ゞ
早くに亡くなった父に、助けてくれって祈ってました。

辛い時に傍にいてくれる友人さん。
一生の宝ですね♪
りん |  2012.09.10(Mon) 22:52 |  URL |  【コメント編集】

★No title

息子君 大変だったんだね。
アミたん 辛くてこわかったねv-406
わたしも、側にいてあげたかったな・・・。

良かった 息子君が全快して。
生きててくれるって 本当に有り難いことだね。
こむぎ |  2012.09.11(Tue) 00:26 |  URL |  【コメント編集】

★りんさんへ

私も思い出すのが辛くて中々詳しくは書けなかった話です。
りんちゃんも娘ちゃんの交通事故大変でしたね。
ドキドキして、震えた事でしょうね…
なぜか、ああいう時って死んだ人の事思い出して、祈っちゃいますよね。

友人… 家が裏なのでずっと喧嘩さえしなければ、付き合えっていけると思います(笑)
amiyuno |  2012.09.13(Thu) 00:19 |  URL |  【コメント編集】

★こむたんへ

こむたんとこの息子ッちも色々と大変で…
しかし、生きてるだけで丸儲け!!!
よし!としようではありませんかv-8
amiyuno |  2012.09.13(Thu) 00:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://amiyuno.blog.fc2.com/tb.php/403-a8f23e9e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。