fc2ブログ
2024年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.04.09 (Tue)

私は何をしに仕事場に行っているのでしょうか?

よくもこれだけ、仕事しながら書けるものだと思いますが。

いつかバレて首にならないようにしないとね(笑)


7.

「それで花形君いったい私に何をしろと?ほんとに準備万端整えて、ユノとデートする時間に間に合うようにしてくれるの?
間に合いそうになかったら、髪切る途中でも行くからね!!!」
運転する花形君に鼻息荒く、私は叫んだ。

「実は僕、ドーム学園の理事長の息子なんです。で、もう一人腹違いの息子がいて、そいつと二人で跡目争いしてて…、色々あって、実力で勝負!という事になったんです。今日1日朝の人探しから、すでに勝負は始まっているんです」

「ちょっと待って!プレイバック!プレイバック! って歌ってる場合じゃないんだけど、そんな大事な仕事私無理よ!」

「いえ、奥様を見つけた時、空からの光でスポットライトが当たっていたんです。だからこの人だ!って
すぐにわかったです。今日のコンセプトは(さえない人生とは今日でさよなら)なんです」

「何よ!それ!今谷底に突き落としたわよ。花形君、あなたねー、可愛い顔して言う事きついわねぇ。
後ろ姿の素敵なあなた~で声かけたんじゃないのね?
見るからに冴えない姿で、どこから見ても冴えない人生のオーラ醸し出しちゃってたのね?
ヨヨヨ…もう立ち直れない。今からユノ王子に逢いに行くってーのに」
全身落ち込んで座席からずり落ちそうだ。

慌てて、花形君は
「違います。すみません。すみません。違うんです!言葉が足りませんでした。
冴えない人なんて、山ほどいるんです。でも少しお手伝いして、磨いて差し上げたら、輝くほど美しくなれる。
しかも若さに頼らず、少し衰えかえてるな…くらいの方、そんな方を探していたんです。

「あのねー花形君、あなたそれ褒めてるんだかけなしてるんだか…
私には年とって、衰えてて、冴えないおばさん探してました。 って風に聞こえるんですけど?」
 怒って睨む私に、真っ赤なポルシェを颯爽と乗りこなす、お目目クリクリでえくぼが可愛い花形君は
まっすぐに前を向いたまま、しばらく黙り込んだ。
 信号が赤になり、キュッとブレーキを踏んで、私の目を真っ直ぐに見つめて
「僕に磨かせてください」静かだが、はっきりとした口調でそう言った。

「…お願いします」 それまでの怒りのパワーはどこへやら…
こんな可愛い子にそこまで言われて断れるおばさん、10人に1人くらいだわ。

「では奥様その他もろもろ善処する為に質問ですが…」と言いかけた花形君の言葉をさえぎって、
「ちょっと待って!花形君もう奥様って呼ぶのやめてよ~。なんかこしょばい。
あみでいいです。あみさんって。(その方がもっとこしょばいけど)」
「わかりました。では、あみさん (グヒヒ…)、お家の方には連絡だけで、帰らなくても大丈夫ですか?」

「ダメダメ!さっきも言ったけど、ご飯作って、うちわ作って、シャワーして、ストロベリーつけるんだから」
必死で叫ぶ。

「ご飯はこちらから届けさせて頂いて、うちわはここであみさんの指示のもとスタッフに作らせます。
シャワーは出来ますし、ストロベリーというのはどこの香水で?」

「ミシャのね。蘭子ちゃんに貰ったの。だからここにあるよ」

「足りなければ、買いに走らせますが」

「いい!いい!ちょっと付けるだけでいいのよ。おばさんがストロベリーなんて、おかしいでしょ」
悲しげにほほ笑んだ私に花形君は

「いいえ、あみさんならストロベリー付けたら、食べちゃいたいくらいに変身出来ると思います」

ちょっと奥さん、今の台詞聞きはりました?食べちゃいたいくらいに変身できるんですってよ~~~
ニヤケタ顔で一人呟く。周りに誰かいたら良かったのに!

「さぁ!あみさんつきました。ここです。つづきは歩きながらお聞きします」

車が止まったのは梅田ビル群の中の1つ、大きな看板がやたらと目につくドーモ学園ビルの横だった。
着いたと思ったら、スタッフと思われる人たちが大勢あらわれて、私の荷物も全部運んでくれた。
うやうやしく、頭を下げながら。

なんかほんとにシンデレラになった気分だわ。

車から降りると、また花形君は私の手を引っ張って、ズンズン歩き出した。

「うん!いい感じ~~」 ローラのフレーズが浮かんで、思わず舌を出した。

「あみさん、ちょっとお聞きしにくいのですが…答えられなければもちろん結構なんですが…
先ほどから何度も出てくる、湯野さんというのは…あの…あみさんのご友人で??」

ブッーーーーーーギャハハハ ギャハハハ

「どうされましたか?あみさん」不思議そうに振り返って、花形くんが聞いた。

私は笑いすぎて、涙がこぼれた。
「あーおかしい。 友人だったら良かったんだけどね~。ごめんね、花形君、あ~~笑った。
湯野さんじゃなくて、ユ・ノ カタカナのユノ 東方神起のメンバーよ。
今日のコンサート観に行くの」

「あーなんだ。不倫してらっしゃるのかと思って、ビックリしました。東方神起のメンバーですか。
ユノさんというのはどちらの方で?」

「う~~んとね。この子よ」 携帯の待ち受け画面を即座に見せる。

「あ、知ってます。知ってます。一度雑誌の撮影でご一緒させて頂きました。」

「へぇ~花形君ってすごい人なんだね。そりゃドーモ学園の息子っちだもんね。当り前だよね」
手を引かれて、エレベーターに乗り、最上階に向かう。

「花形君って何歳なの?息子を同じくらいかなぁ~。24,5?」

「僕はこう見えて、30です」

「へぇ~若く見えるねー。童顔だね」

「はい、バカにされて、随分損してます」

「そうなの?女なら大喜びなのにね」

チーンと扉が開くと、またまたそこは私が見たことのないような

夢の中の世界だった。






フウ~~~~~

花形君可愛いから、ひっぱっちゃッた。


クリックで救える命がある。









関連記事
スポンサーサイト



20:57  |  その他  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★総集編(^^)

そうそう、朝の光から始まったのよね♪
と、思って読み返しました(^^)/

はぁ、うちにもそんなラッキーな光来ないかなぁ(>_<)
でも、あみさんと知り合いになれたのが、私にはラッキー\(^o^)/
知らなかった世界がどんどん開けて行くみたいです(^.^)

TIME過去版DVD を久しぶりに観てます♪
ちょっと、しばらくご無沙汰だったので、何だか新鮮でドキドキ…♪

早く逢いたいねぇ!(^-^)v
どうしてこんなにかっこいいのかしら♪♪
花形君の活躍、期待してます☆
星飛雄馬(漢字合ってるかなぁ?)懐かしいわぁ。
それでは、今夜こそ東方神起の夢が見れますように(-.-)Zzz・・・・
waroudak |  2013.04.09(Tue) 23:53 |  URL |  【コメント編集】

★No title

ありゃりゃ・・・
ちょっぴり浦島太郎さんのmamaです^^
可愛い 可愛い5歳児君にも
雑誌の編集さんのお話に参加出来ず・・・・残念!

可愛い美容師さん花形君・・・
凄い人なのね
だってユノさんと一緒にお仕事した事あるなんて・・・
ラッキーガールのあみさん
あみさんを見習って『人には優しく』を心に頑張る!!
そしたら私にも良い事あるかな?
『明るい一筋の光』差してくれるかな?

入学式を迎えられたみなさん
おめでとうございますm(_ _)m
新天地でいっぱい学んでいっぱい遊んでいっぱい笑って下さいね^^

HONOMAMAさん疲れて寝ちゃったんでか?
緊張の中いっぱい頑張ったんでしょうね^^
明日もいっぱい笑って楽しんで来てくれるといいですね^^
mama |  2013.04.10(Wed) 00:27 |  URL |  【コメント編集】

★No title

花形くん、ドーモ学園の(←あの辺りですね!)御曹司だったんですか~!ユノのことを湯野さんって(笑)なんだか素直でかわいくて気になるキャラですね~
  
 mamaさん、娘は今日は緊張せずに行けたようです(*^_^*)昨日は帰ってから何も幼稚園の様子を話してくれなかったのですが、今日は年長さんのおねえちゃんたちと一緒に遊んでもらったよ~と自分から話してくれてちょっとホッとしました。

MISSHAの新しいCF見ました~☆ユノがネクタイを触るシーンにクラっときました~!チャンミンはあいかわらずダンディ路線ですね~☆
 
HONOMAMA |  2013.04.10(Wed) 15:13 |  URL |  【コメント編集】

★waroudakさんへ

いや~~来るなら、うちが先でないと(笑)
なんか小説書いてるとほんとに出会ったような気になるから、楽しいよ。
みんなも一度書いてみたらどう??自分の好きなように人を操るのよ!オーホッホッホ楽しいわぁ~v-8

waroudakさんごめんね~。
私は一足お先に二人に逢いに行くわね!あと18日なのよ。
ドキドキするわぁ~~~v-415
amiyuno |  2013.04.10(Wed) 22:05 |  URL |  【コメント編集】

★mamaさんへ

戻ってコメント書いてくれても良かったんですよ~!!
特に出版社の話は突っ込んでほしかったわ!!
あの時の事を知ってる人にね(笑)

あのね…小説の中のあみさんは良いことあるけど、本物のあみは全く良いことないのよ。
人に優しくを実践出来ていないって事かしらv-12
amiyuno |  2013.04.10(Wed) 22:10 |  URL |  【コメント編集】

★HONOMAMAさんへ

そうです!あの辺りのドーモ学園です(笑)
どうも私の書く小説には悪い人出てこなくて…可愛い人しか思い浮かばないのよねv-8

娘ちゃん、昨日は緊張してたんだろうね…
ダンダン慣れてきたら、楽しいのわかるかな。
公立なら、のびのびしてていいんじゃない?
うちの子供たちも公立だったから、な~~んにも勉強せずに小学生になって、回りとの違いにびっくりしたわ。でもそれで良かったと思っています。
子供は遊ぶ時には遊ばなきゃね。その中でも学ぶもの沢山あると思うしね。
amiyuno |  2013.04.10(Wed) 22:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://amiyuno.blog.fc2.com/tb.php/604-7b176d12

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |